ライトボディへの変容

ライトボディスピリチュアル

みなさんこんにちは(*^_^*)
StarsPioneeR管理人です。

前回の記事、シュタイナーの「体」「魂」「霊」を書き終わったあと、
インスピレーションが湧いてきましたので、その内容をお届けしたいと思います(*´-`)

テーマは、「 ライトボディへの変容
スピリチュアルでは良く聞く言葉ですよね_φ( ̄ー ̄ )

なんか、やっとスピリチュアルっぽい記事になりそうな気がします(笑)

Noel
Noel

しか〜し!いつものように、ただスピリチュアルっぽい記事を書くだけでは終わらないぞ〜!

Starlish
Starlish

今回も科学や形而上学的なお話しが入ってくるんですかね(゚ω゚)

「ライトボディ」に関する内容は、以下の著書がとても有名ですので、
参考にしてもらえるといいかと思います。

では、いきましょう!

--スポンサーリンク--

ライトボディについて

ライトボディ

まず初めに、「ライトボディ」とはなんぞ?
というとこから始まりますよね_φ( ̄ー ̄ )

日本語に直訳すると「光の体」ということになると思います。
では、スピリチュアルで良く言われている「ライトボディ」とはなにか。

その概要を以下のサイトから引用させてもらいますねd( ̄  ̄)

「ライトボディ」とは、私達に内在する光のレベルの高次のエネルギー体のこと –madame regina-アセンションのための「ライトボディの目醒め」より引用

以上が、「ライトボディ」と呼ばれるものの概要だそうです。

Starlish
Starlish

私たちに内在する光( ◠‿◠ )?高次のエネルギー体(゚ω゚)?
なんのこっちゃ( T_T)

と、はじめてスピリチュアルに触れる方だと、
まず「高次元」とか「エネルギー体」とか普段聴き慣れない言葉がでてくるんですよね(*´-`)

冒頭でご紹介しました「ライトボディの目醒め」の著書では、
このライトボディの覚醒とその段階について詳しく書いてあり、全部で12段階あるそうなんですね。

簡単にですが、その段階について記しておきます。

--スポンサーリンク--

第一段階

第一段階としては、頭痛、吐き気、下痢、痛み、筋肉痛、関節通などの
ちょっと辛くなるような症状がでるそうです。

Noel
Noel

よく「アセンション症状」と言われるやつかな?

これは、僕も経験しています_φ( ̄ー ̄ )
もちろん、ただの風邪かもしれないですが(笑)

第二段階

この段階では、自分のエネルギー体の幾何学的構造に変化が生じるとされています。

Noel
Noel

幾何学的構造ってのは、神聖幾何学のことでいいんか…?

エネルギー体ってなに?と思う人もいると思いますが、
これは神智学で提唱されているエーテル体、アストラル体、メンタル体などのことですね_φ( ̄ー ̄ )

Ray
Ray

エネルギー体については、下記の記事を読むのである。

エネルギー体について
こんにちは。 この記事では、神智学や人智学、またスピリチュアル界隈でもよく耳にする エネルギー体(エネルギーフィールド)と呼ばれるものについて、お話ししてみたいと思います。 Starlith なんかわからんけ...

この段階になるとライトボディ化への変化の兆しとなり、
疲労感を感じるようになるそうです。

第三段階

第三段階になると、肉体レベルでの五感が鋭くなるそうですd( ̄  ̄)
高次元の光を吸収し、地球へ伝導することもできるようになります。

Starlish
Starlish

だから、高次元ってなんなんなのさ(T-T)

cherish
cherish

次元については、大きく分けて二つの解釈があります。

一つは幾何学的な次元。私たちがいま認識しているのは3次元ですね。

Ray
Ray

もう一つは、界と層という解釈である。
↑は物理学的な解釈。こっちは神智学的な解釈になる。

すみません(汗
ちょっと脇道それちゃいましたね´д` ;(ただ、次元という言葉一つとっても、その言葉の意味を抑えず、容易に使われているのはちょっとどうかな〜とも思います。)

話を戻して、第三段階以上の人々は
ハーモニックコンバージェンス、集団瞑想などを行っている祈祷師や霊能力者、シャーマンや審神者、僧侶の方々であり、ソーシャルメディアみたいなところに顔を出してくるようなことはないと思いますよ(笑)

Noel
Noel

俺らのような素人がやっても、ただのリラクゼーションになりかねん(笑) 

--スポンサーリンク--

第四段階

第四段階では、脳内の化学作用に変化が生じるようです。
私たちが外の世界を認識する「意識」というものを発生させているニューロンの神経伝達に変化が起きるのかもしれません(^_^*)

またこの段階に至ると「直線的思考」からの脱却となるそうで、
例えば「時間」というものを例に挙げると、「過去から未来へ」という線形的なものでなく、パラレルワールド、多次元意識というものに目覚めます。

同じ時間、同じ場所、それらの瞬間の狭間にある
違う自己を認識するかもですね。

第五段階

第五段階になると、第四段階の「違う次元に存在する自己」をかすかに信じ、
そして、スピリチュアルな道を探究するようになるそうです。

Noel
Noel

「デジャブ」とか「シンクロニシティ」みたいなのが
イメージしやすいかもな!

今目に見えている現実が全てではなく、悟り的境地とワンネス的視点から物事を少しずつ考え、
「目の前にいる人が怒っているのは自分が怒らせて、自分を奮い立たせているのか?」
「それとも相手が怒っていることに、怯えているだけなのか?」などと考えたりするようになります_φ( ̄ー ̄ )

第六段階

第六段階になると、これまでの世界と現実を疑うことになっていくことになるそうです(*´-`)

量子力学の世界では、
「この世界は仮想現実である」とするシュミレーション仮説
「並行現実が存在する」とされる多世界解釈などがあります。

私たちが通常認識している物質的世界とはまた違った世界があるということを認識し
そして「私はだれなのか?」

そんな哲学的思想を経て、「 本来の自分」に目覚めるようになる訳であります_φ( ̄ー ̄ )

Starlish
Starlish

でましたね〜(゚ω゚)本来の自分。

Noel
Noel

スピリチュアルでは良く聞く言葉だな!

--スポンサーリンク--

第七段階

第七段階になると、「打算的思考」から抜け出し、「感情」が主体的な状態になるそうです。

いい意味で「子供っぽく」なっていくのかもしれませんね^_^
個人的に思うことなんですが、子供ってとても「 本来あるべき姿」なのだと思います。

第六段階では、「この世界は幻想なのかもしれない」と疑い、
「本来の自分」に目覚めていき、その幻想を取り除いてく。

とされますが、この地球で培ってきた「〜をしないと生きていけない」といったなにかしらの縛りみたいなものと第七段階の「こどもっぽさ」をどこまでやれるかで迷いが生じるようです。

Noel
Noel

バシャールの「ワクワク」をどこまで実践できるか。だな

第八段階

第八段階になると、松果体と脳下垂体に変化が生じるようです。
この変化の過程で頭痛や目眩などの症状がでることもあるかもしれませんね(*´-`)

幾何学図形や音色、虹などを通して物事を考えたりなるそうです。
読者の皆様なら、美しい音色や虹、幾何学模様、フラクタル図形を見たり、聞いたりするとなにかしら感じるところがあるのではないですか?_φ( ̄ー ̄ )

ただ大抵の人は、これらを通して受け取る「情報」を、他の人に「翻訳」して伝える術がないため、人と話が噛み合わないことがあります~_~;

Noel
Noel

繊細なスピリチュアリストはそれはそれで立派だが、一般人に伝える「道具」がないのが悲しいところ

Starlish
Starlish

幾何学も、音や虹も波動現象だから数学的手法の素養があれば、一般人にも伝わるんですよね〜(゚ω゚)笑

Ray
Ray

しかし、残念ながらマス層である一般人も、数学を知っていたところで、実世界に役立たないと思い、それらに興味を示さないありさまである。

cherish
cherish

非常に残念に思います。

↑上の人たちが何か言ってますが、僕のサイトを好んで読んでくださる読者の方は別ですよ(*´ー`*)

話を戻しまして、
「神聖幾何学」の有名な著書である「フラワーオブライフ第一巻」には、「松果体」と「神聖幾何学」についてこう記されているんですよね。

「松果体は色彩受容器官が存在し、その中に神聖幾何学構造が保たれている」

つまり、ライトボディの第八段階を経て、その色彩受容器官が変化することで、
私たちが普段認識している「3次元的」幾何学構造をもっと多次元的に感じるようになるのではないかと考えます(*´-`)

--スポンサーリンク--

第九段階

ライトボディ第九段階に至ると、あらゆる恐怖と束縛を手放し、
自由になるとされるそうです。

自分という「エゴ」を完全に手放している状況で、ワンネス的視点から自分の人生を歩み、「個から全体へ」となっていくのだと思いますd( ̄  ̄)

Noel
Noel

地球の二元性実験を卒業できたってことかな?

ライトボディの目醒めの段階3、6、9で、それぞれ価値観の見直しが行われるそうなんですが、中でもこの第九段階を乗り越えるのがとても大変だそうです。

なぜなら、「 全てを手放し、委ねて、導かれる必要があるから」だそうなんですΣ(-᷅_-᷄๑)

(それ故、これだけ進化してきても第九段階で多くの魂が次元降下(ディセンション)を選択することが多いみたい。)

しかしこの段階を経ると、「I AM」「一なるもの」「ソース」と繋がりはじめるようです(*´-`)

Noel
Noel

きたか。モナド

--スポンサーリンク--

第十段階

第十段階まで至るとSF作品に出るような「超能力」的なことができるようになるようです∑(゚Д゚)

正直、こっからは話がぶっ飛んできて、僕も確信できませんが、夢があります(笑)

Noel
Noel

管理人は、自分のライトボディがどこまで目覚めているかはさておき、第九段階までは確信しているようだ。

それで、なにができるのかというと
テレポーテーション、物質化、時空間移動などができるみたいです( ◠‿◠ )

これができるようになったら、とても素晴らしいと思いませんか?( ´∀`)
まさに、宇宙人的力です!

上記の能力の科学的または形而上学的なアプローチを挙げるとするなら

  • テレポーテーション⇨量子もつれ
  • 物質化⇨カタカムナ第五種
  • 時空間移動⇨マカバ の活性、エントロピーへの理解

こんな感じになろうかと思います。
ちなみにマカバ というものは神聖幾何学でよく扱われるもので、↓こういうヤツですね_φ( ̄ー ̄ )

マカバ とベクトル平衡体(左がマカバ 、右がベクトル平衡体)

写真は、綿棒で作ったマカバ なんですが、こういう幾何学的構造のエネルギーフィールドというものがどうやら私たちの体の周りにあるらしく、これが異なる「次元」を移動する「光の乗り物」とされているんですよね(*´-`)

Noel
Noel

マカバ やプラトン立体、その他の神聖幾何学については、
今後記事を書いてきたいと思う。

--スポンサーリンク--

第十一段階

第十段階でのマカバ 構造を成長させていくと、さらに「時間」を超越するようになるようです。

過去や未来という概念はなくなり、
全ては「今ここに」存在するようになるようです(*´-`)

Starlish
Starlish

↑↑ ( ◠‿◠ )? なにを言ってるんだ?( T_T)
訳がわからないぞ(;▽;)

おそらく、これは陰陽統合のプロセス、自己のシャドウとの向き合いが割りと関わっているのかもしれません。

このことについては、過去に挙げた「ゼロポイント」と「変性意識について」の記事で
量子もつれと過去世、ヘミシンクなどについて書いてあるので何かの参考になるかと思います。
ゼロ・ポイント
みなさんこんにちは(*´-`) 今回は「ゼロ・ポイント」についてです。 量子力学の量子もつれや非局在性、またマクロコスモスとミクロコスモス、 そして人間とはなにか… ということを書いてみたいと思います(*´ー`*) ...
変性意識について
みなさんこんにちは。 先日、瞑想をしていましたら、いつもとはまた違った「感覚」に入り これが、「 無意識」とか「 潜在意識」と呼ばれる状態なのか!? …というなんとも言えない感覚になりましたので、そこでの体験をシェアさせてもら...
--スポンサーリンク--

第十二段階

やっと第十二段階まできました。(長かった泣)

と思いましたが、この第十二段階は、僕からは伝えないようにしようと思います(*´-`)
なぜなら、この最終段階を書いているという僕自身がまだ、物質界とこの地球で地球のゲームを行うことを選択しているからです。

この意味、読者の方はわかりますか?
ちなみに僕はまだわかりません。

 まとめ

科学と形而上学
実は、この記事を書こうと思った理由は
神智学で聞くエーテル体と物理学で聞くエーテルが関連性があり、これがライトボディに関係しているのではないか?

そういうインスピレーションを受け取ったので、記事を書くに至った訳なんですが、初めにライトボディがなんぞや?というところをおさらいする段階で、5000文字程になってしまい、次の記事にしようと思いました(。-∀-)

次回こそは、僕が書きたかった内容(物理学、神智学、スピリチュアル)を絡めた「ライトボディ」を「エーテル」という鍵で紐解いてみたいと思います。

とても長い記事でしたが、お付き合いいただきありがとうございました^ ^

コメント

タイトルとURLをコピーしました