ライトボディへの変容(続き)

スピリチュアル

みなさんこんにちは〜
前回の記事では、スピリチュアル界隈でよく言われる「ライトボディ」と科学や形而上学的な考えを取り入れつつ、お話しをさせてもらいました。

今回の記事では、前回の記事の最後にも書いてあるように
物理学と神智学で良く聞く「エーテル」という鍵を使って、「光の体、ライトボディ」を考察していきたいと思います_φ( ̄ー ̄ )

Noel
Noel

おい!ちょっと待て管理人!お前、何か謝罪することがあるんじゃないのか?

´д` ;💦?はて、なんのことでしょうか(^◇^;)

Ray
Ray

とぼけるでない。↓のようなことを言っていたではないか。

cherish
cherish

この伝え方だと、メッセージ性を込めて世界を変えようとしているクリエイターの方々に失礼です。

え、´д` ;💦
それは、お前たちが勝手に言ったんじゃ…(⌒-⌒; )ギクリ

Starlish
Starlish

僕らにこんなことをしゃべらせて
言い逃れするなんて卑怯ですよ(・Д・)

Noel
Noel

さっさと謝れ!

(⌒-⌒; )💦…… グサッ(つД`)ノ(涙)

大変申し訳ありませんでした!
確かに、おっしゃる通りです´д` ;

波動の世界、目に見えない世界を
絵画や音楽などの芸術作品を通して「感動」を届けている芸術家や音楽家の方々

神話の世界、古代に実際にあった文明などを
小説、漫画、アニメ、映画などを通して伝えている小説家、漫画家、脚本家の方々

多くのクリエイターの先輩方が、 その作品に思いを込め、目に見えない世界を伝え、日夜奮闘しておりました!
素直に敬服いたしますm(_ _)m

Ray
Ray

それでよい。何事も素直が大事だ。

Noel
Noel

茶番が長くなって申し訳ない!ようやく本題に入るぞ!

--スポンサーリンク--

科学と形而上学の調和

スピリチュアルに関心の強い読者のみなさまなら「エーテル体」
という言葉を聞いたことありますよね?(*´-`)

人によって、スピリチュアルを語る内容が変わっていたりして
受け取り手によっては、困惑することがあると思います。

これは、「スピリチュアル」という一つのカテゴリが、様々な学問からの言葉や概念を拝借し、それを踏まえた上で、私たち人間の生き方そのものを幸せに生きるようにするためのものであるからだと言えるからなんですね_φ( ̄ー ̄ )

これって、どういうことかと言うと
例えば「次元」という言葉と「次元上昇・アセンション」の解釈もその一つになるんですよね(*´-`)

数学や物理学、幾何学などの科学的な解釈になりますと、次元というのは長さl[m]という単位を持つ自由度の数を言い、
5次元にアセンションする」というスピリチュアリストは、波動や周波数という物理学用語を使って、アセンションを考えるのですよね。

一方で、神智学や人智学、宗教などの形而上学的な解釈だと
本当の自分「ハイヤーセルフ」と繋がり、「一なる根源(source)」と繋がることで即身成仏(仏教的な解釈)、アセンションを遂げるとされる訳になります。

つまり、スピリチュアルというのは、 人の意識の数だけの解釈とその世界があり、正解はないということなんです(*´-`)

Starlish
Starlish

スピリチュアルってとても奥深いんですね(゚ω゚)

でも、それだとちょっと不親切なので、このサイトのテーマでもある「調和
それを今回の記事でも取りたいと思います。

科学的解釈と形而上学的解釈の調和を取り、真実は相対的なものだと納得してもらうために「情報」を提供している訳であります(*´-`)

その中でも、今回のテーマは「エーテル」
物理学で言われるものと、神智学で言われるものの「調和」を取ります_φ( ̄ー ̄ )

これは、ルドルフシュタイナーも言っていることなんですが、エーテル体は物理学で言われるエーテルとは別物であるとしています。

しかし、本当のところは、どうなのでしょうか?
そう思ったことがきっかけで今回の記事を書くに至った訳であります( ̄▽ ̄)

--スポンサーリンク--

物理学におけるエーテル

物理学におけるエーテルとは、簡単に言ってしまうと
「光を波動として捉えた際のそれを 媒介させるもの
と言えると思います_φ( ̄ー ̄ )

科学における光は、紀元前からのテーマでとても奥深い内容なんですね。
光については、まだまだ分かっていないことが多く、20世紀に入ってからは、光が粒子でもあり、波動でもある、「量子」の立場で考えることが一般的なのだと思いますd( ̄  ̄)

詳しくは、過去に挙げた記事「現代物理学の軌跡」で
光の二重性」に関する内容を確認してもらえたらと思います。
現代物理学への軌跡
みなさんこんにちは(*´-`) 前回の記事では、古典論(の内、力学と電磁気学)を さらっとご説明申し上げさせて頂きました。 今回の記事では、古典論から現代物理学の入り口へと繋げ 「エーテル」と呼ばれる概念、それと「時空」 ...
--スポンサーリンク--

神智学におけるエーテル体(エーテル界)

神智学におけるエーテル体というのは、「氣」や「生命力」で構成されるとしているそうです(*´-`)

西洋医学では、投薬によりその薬の化学変化で抗体を作ったり
手術によってガンを摘出したりすることによって、病気を治療しますよね…?

反対に東洋医学では、
こういった目に見えないものへの理解と、私たち人間の体がどのようにして構成されているのかに焦点を合わし、その原因を取り除くような治療をするそうです。

例をあげると、不調を感じる体のツボを刺激する鍼灸(しんきゅう)治療というものがあるそうです。(*´-`)

これによって、私たちの肉体を形成するエーテル体を治療することによって、
肉体の治療を行うことになります。

Noel
Noel

シュタイナーがエーテル体の誤解を避けるために、形成力体と名付けたのは、こういうことなのかもな。

Starlish
Starlish

肉体を形成する力がある体
つまり形成力体ということですか( ◠‿◠ )?

西洋医学では物質的な治療を施すというイメージになると思いますが、
東洋医学では、こういった目に見えないもの(その原因となるもの)への治療を施すことによって、私たちの体と心を健康に保たせてくれるのですねd( ̄  ̄)

Noel
Noel

昔から「病は氣から」ってよく言うしな!

Starlish
Starlish

最近では、西洋医学と東洋医学のどちらの良いところも取り入れているホリスティック医学というものがあるそうですよ(゚ω゚)

このように、私たちの世界は物質的なものだけでなく霊的な見解も取り入れながら、文明は発展していってるのです_φ( ̄ー ̄ )

神智学や人智学における「エーテル体」の詳細は下記の記事をご覧ください。
エネルギー体について
こんにちは。 この記事では、神智学や人智学、またスピリチュアル界隈でもよく耳にする エネルギー体(エネルギーフィールド)と呼ばれるものについて、お話ししてみたいと思います。 Starlith なんかわからんけ...
「体」「魂」「霊」について(補足)
みなさん、こんにちは(*´-`) 今回も前回に引き続き、シュタイナー思想の補足と、要所要所で心理学の概念や 量子力学的知見を取り入れて、「体」「魂」「霊」を説明していきますね〜( ´∀`) 前回の記事はこちらになりますヽ(´ー...
--スポンサーリンク--

光、エーテル、ライトボディ

さて、この項でやっと僕が受け取ったインスピレーションをみなさんにシェア出来そうです。
上記に挙げた過去記事を読んでいるという前提で、お話しさせてもらいますね_φ( ̄ー ̄ )

まずは、「現代物理学の軌跡」で述べさせてもらいましたように、
物理学における「」というものは、20世紀に入って、二重スリット実験に代表されるように、ミクロの世界では粒子でもあり波動でもある「量子」として扱われるようになりました。

これが、私たち人間の「意識」というものの「観測」によって
その「光」が粒子であるか、波動であるかということが決定されます。

観測されるまでは状態が決定しないため、これを「量子重ね合わせの状態」と呼んだりします_φ( ̄ー ̄ )

ここで、私たちの肉体を粒子として仮定してみましょう。
そして、エーテル体を波動として仮定してみましょう。

Noel
Noel

誤解を恐れずに言わせてもらうとここでいう肉体とエーテル体というのは、シュタイナーが言う「体」の要素ってことだぞ…!

こう考えると、「量子重ね合わせの状態」にあった光が、
観測によって粒子性を持った肉体になる時と、波動性をもったエーテル体になると考えられそうじゃないですか?_φ( ̄ー ̄ )

Starlish
Starlish

それはちょっとこじつけじゃないですか?(゚ω゚)笑

いや、でも冒頭でも話させてもらいましたように、光を波動として見なすなら、その波動を伝搬させるための媒質、つまりエーテルが充満していることになります(*´-`)

つまり、エーテル体は光が波動として充満しているもので、私たちが観測によって認識できるのは、粒子性のある光、つまり肉体ってことなんじゃないかと思います´д` ;

さすがに、ちょっとつじつまが合わないと思いますが苦笑
考えとしては、面白いと思います_φ( ̄ー ̄ )

また「体、魂、霊について(補足)」の記事で、述べさせてもらったように、
人は「自我」によって、「体的要素」であった人間から「霊的要素」の人間へと進化することができる。

とされます(*´-`)
そして、「体」の要素であったエーテル体は「自我」によって、
「霊」の要素である生命霊へと自身を昇華させることができます。

これって、物理学で言うところの「観測」によって
「量子重ね合わせの状態の光」を肉体もエーテル体も同時に認識できる体へと変容する。

つまり ライトボディへの変容に似ている気がしませんか…?
(いや、さすがに似てないか…)

--スポンサーリンク--

まとめ


物理学と神智学におけるエーテル。
それらを絡めた「ライトボディ」の話、いかがでしたでしょうか?

「そんなのはただの妄想だ」
とかそんな声も聞こえきそうですが、僕なりに科学的概念を取り入れ、
従来からある形而上学的なスピリチュアルを考えてみました(*´-`)

「アストラル体は?メンタル体はどうなの?」
こんな声も聞こえてきそうですが、僕自身まだまだ神智学については、良く分かっていないことが多いので、今後リサーチをしていきたいと思いますd( ̄  ̄)

ということで今回は以上となります。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました