波動について-自然現象と振動の科学-

波動-光のスペクトル-物理学

こんにちは。
久々の記事更新になりますm(_ _)m

ブログを始めてから、半年くらい経つのですがなかなかアクセス数が上がらず
挫折しそうになっていました(ー ー;)

とはいっても、僕にはこのサイトくらいしかないので、頑張って書いていこうと思います。

ということで、今回は波動についてです。
昔に書いたことのあるテーマですが、まだ書き切れてないこともあるので、僕たちの身近な自然現象と絡めて書いてみます。

Starlish
Starlish

波動方程式!( ´∀`)

波動について、物理学的基礎をおさらいしたい人は、以下の記事を見てみてください。

波動について
こんにちは。 この記事では、”波動”についてお話ししてみたいと思います。 ”波動”についてみなさまは、どのような認識がありますでしょうか? たくさんの方が、波動について発信されていますように、 全ては波動という言葉を一度は耳にさ...
--スポンサーリンク--

そもそも波動ってなに?

波動と波紋
スピリチュアル系のYoutubeや記事を読んだりしたりしていると、波動についてこんなことをよく耳しませんか?

「地球の波動が軽くなっている」

「あの人は波動が重くて、この人は波動が軽い」

こんなことをよく目にすることがあるんじゃないかと思います。
チャネリングが出来る人やスピリチュアル系の方がよく言っていますよね?

でも、別にこれってなにも特別なことでもなければ不思議なことでもないんですよね。

なぜかというと、波動とは私たちの身の回りの自然現象が振動する波の形として現れる現象のことを波動と呼んでいるからになります。

波動の概要何かが振動する波の形として伝搬する自然現象のこと

これだけだと意味が分からないので、いくつか例を挙げて波動について考えてみましょう。

--スポンサーリンク--

占いと波動について

スピリチュアルが好きな方は、占いが好きな方も多いですよねd( ̄  ̄)

僕も占いは割と好きな方で、占いの結果を人生を生きる指針の一つとして参考にさせてもらうことがあります。
占いには、占星術やタロット、風水、易、四柱推命など 数多くの占術技法がありますが、今回は、霊視と透視を例にしてみたいと思います。

Noel
Noel

その前に霊視ってどんな意味かおさらいしておこうな!

僕は、霊視と透視の意味がよくわからなかったので、以下のブログから概要を教えてもらいました。
霊視と透視は、以下のような意味になるそうです。

「霊視」の意味
霊視は形のないものからでも情報を得ることができる能力のことをいいます。霊感とは違い、肉眼から視て得た情報ではなく、脳内で霊と交信をしてコンタクトをとることができます。

「透視」の意味
透視も霊視と似てはいますが実は少し違います。霊視は形のないものから情報を得ることができますが、透視は形のあるものから視る能力となります。具体的に何を思っているかなど心の状態は見る事ができません。

METHODより引用

となるようです。

「霊視」も「透視」も似たような意味合いで使われそうですけど、
「霊視」は霊の声を聞く。「透視」は「霊」を視る。

ということが言えそうですね( ̄◇ ̄;)
まず「霊」について、定義が曖昧な上、言っていることもめちゃくちゃです。

僕が書いた記事で、関連性があるとしたらシュタイナー思想の「体、魂、霊について」が関係しているので、詳しく知りたい人は、下の記事を見てください。
「体」「魂」「霊」について
みなさん、こんにちは〜φ( ̄ー ̄ ) 今回は、シュタイナー思想「体、魂、霊」について 勉強してきたので、その内容をシェアしたいと思います! 霊的世界やスピリチュアルについて興味がある人は、是非読んでいってください( ̄^ ̄)ゞ ...
「体」「魂」「霊」について(補足)
みなさん、こんにちは(*´-`) 今回も前回に引き続き、シュタイナー思想の補足と、要所要所で心理学の概念や 量子力学的知見を取り入れて、「体」「魂」「霊」を説明していきますね〜( ´∀`) 前回の記事はこちらになりますヽ(´ー...
 

おそらくこれは、人間の3要素である「霊」としての人間と、その界である「霊界」との交信のことを言っているだと思います。

ここで、波動の話を振り返ってみたいんですが、僕たちが見えているものや聞こえているものは、
可視光線とか可聴音の光や音になります。

Noel
Noel

可視光線とか聴き慣れない言葉だと思うから、下の画像でイメージしやすくしといたぞ。

 

可視光線と波長wikipedia-可視光線より拝借

光の色と波長の分類

 

僕たちが見えている世界というのは、光という電磁波になり
また見えている光の色も波長帯域が決まっていて、上の表を見てもらえれば、分かると思うんですけど、大体人の目で見えるものは、380 ~ 780 [nm]の波長帯域の光しか見えないことになります。

Noel
Noel

電磁波は、電場と磁場が交互に作用し合って、伝搬する波動現象だぞ。

つまり「透視」が出来るという人は、私たち普通の人間が見えていない 380 ~ 780 [nm]の波長帯域外の光を見ているということになります。

また音という波動現象に関していいますと、僕たちが普段聞こえている音は、以下の図のようになります。

可聴音域と周波数
可聴音域と周波数

 

僕たちが普段聞こえている音というのは、大体20〜20[kHz]くらいの周波数の音になっています。

これもまた、「霊視」という脳内で霊との交信(=霊の声を聴く)をしているということは、
20[kHz]よりも高い周波数の音を聞いているということになるんですよね。

Starlish
Starlish

あ!ちなみに、音というのは、空気を媒質として振動する波動現象になりますよ(゚ω゚)!

--スポンサーリンク--

「霊力」や「霊感」が高いことは何も不思議なことではない!

波動の話と、占術技法の一つである「霊視」を紐づけてみるとなんか変なことに気付きますよね。

よくスピリチュアル系の方がしょっちゅう口にすることで、「波動が〜」というの聴きますが
「波動」の基本をおさらいすれば、この言葉のおかしさに気づくと思います。笑

なぜなら、僕たち普通の人間も既に380-780[nm]の可視光線を見て 何かを感じていますし、
20-20000[Hz]の可聴音域にある音を聞いて、意思伝達のための会話をしているのです(*´ω`*)

つまり「波動が軽くなった」とか「この人は波動が重い」とか言っている人は、
波動という言葉の意味が全く分かってなく、自分の無知さを露呈してくれているに過ぎないのです。笑

Starlish
Starlish

チャネラーはなんか偉そうですよね(゚ω゚)笑

Noel
Noel

↑そうだな。俺たち普通の人間だって何かしらの事を感じたり、思ったりすることは普通にある。別に波動がどうのこうの言わなくたっていい。

もちろん、人によっては多少、可視光線や可聴音域外にある光や音を見たり、聞こえたりする人もいるんでしょうけど、それが極端な波長や周波数帯域外にある場合は、表の世界で報道されてもおかしくないと思います。

Noel
Noel

闇の勢力がメディアを牛耳っているから〜。というのはマジでナンセンスな笑。なぜならここで言っているのは、波動という物理現象とオカルトを絡めたことが記事の主題だから。

つまり「波動」がどうのこうの言っている方々は、十中八九、好き嫌いで物事を言っているだけなので、あまり相手にしない方がよいです。

そして「霊視」や「透視」が出来るといういかにも気位の高そうな「霊能力者」の方は、上記のように可聴音域にある「音」や可視光線外にある「光」を聞いたり、見たりしているという根拠は何一つとして提示してくれていないのです!
(もちろん本物の霊能力者の方もいます。ただ表の世界には現れないと思います。)

だから、僕たち普通の人間もそんなに悲観することはないです。

なぜなら、たとえそんな気位の高い「霊能力者」がいても、
そんな人は、天からの天命でその能力を与えられているので、とても物腰が低くいばり散らすような人ではないです。

--スポンサーリンク--

 まとめ

夢物語
ということで、まとめというか後書きです。
なんか愚痴っぽい記事になってしまい、大変申し訳なく思いました。

本当は、波動の振動現象をもっと科学的に考察して、夢のある記事にしたかったのですが、書いている途中でなんかムカムカしてしまい、このような内容になってしまいました。

すみませんでした。

Ray
Ray

謝るくらいなら、書くのではないのである。

Starlish
Starlish

駄文を呼んでくれてありがとね(゚ω゚)みんな!

スピリチュアルではよく、イルカがとても進化した生物であるということとか聴きますよね?(。-∀-)
それって、今回の波動の記事にも関連していて、可聴音域よりも高い周波数の音、
「超音波」を聴くことが出来るからということが分かっているからなんですよね。

本当は、このような記事を書きたいのでありました。
また、気が向いたら「波動」の記事を書いてみたいと思います。

なんせ「全ては波動」という言葉があるくらいだし、とても奥の深いものだと思っているので。
ということで、今回は以上となります。

お読みくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました