意識について

意識物理学

こんにちは。
今回は、「意識」についてお話ししていきたいと思います。

世間一般でよく知られるように、僕らという肉体を操作している(?)と思われるこの意識は、顕在意識と潜在意識により構成されているとされています。

この記事では、そんな「意識」というものについて、量子論や脳科学の観点においても定義付けが難しい概念を、僕なりの見解で考察していきたいと思います。

Noel
Noel

この世界は意識が作り出した仮想世界なんか…?

--スポンサーリンク--

脳科学における意識

脳内の構造

脳内ニューロン

脳は「脳(神経)細胞」から構成されている。その数は、大脳で数百億個、小脳で千億個、脳全体では千数百億個にもなる。その脳細胞たちは、電気信号を発してお互いに情報をやりとりしているのだ。

 

出典:脳神経科学研究センター(理研CBS)ウェブサイトより引用

↑は理化学研究所、脳科学総合研究センターより引用させていただいたものです。

神経科学では、「意識」というものを
この脳内の神経細胞(ニューロン)の神経伝達(電気信号)から発生されるというメカニズムではないのか?
その仮説をもとに研究が進められていると思います。

それに対して、脳内活動の振る舞いに「量子的性質」をもっていると仮定して、研究をされている「量子脳理論」という研究分野があります。
↓は、量子脳理論の概要です。

量子脳理論(りょうしのうりろん)は、のマクロスケールでの振舞い、または意識の問題に、の持つ量子力学的な性質が深く関わっているとする考え方の総称。
出典:wikipedia-量子脳理論より引用

二重スリット実験が示す”意識”の作用

量子力学においては、粒子と波動の二重性を示すという実験結果が得られた
二重スリット実験と呼ばれる実験があります。

二重スリット実験の実験結果は、ミクロの粒子の「位置」と「運動量」を同時に定めることができない。-というハイゼンベルグの不確定原理へと帰着されるのが一般的だと思いますが、

ここで大事なのは、
この実験の観測方法も、得られる実験結果も、それによる解釈も
その人自身による意識が関わっていると考えられます。

哲学的な話になると思うのですが、意識というものを発生させているものが、

脳内の「ニューロンの電気信号の伝達」であろうと、
「量子もつれによる波動関数の収縮に帰結される」とされてあっても、
それを認識観測しているのは、僕らの「意識」というものに帰結されると思います。

科学的に「意識」というものを考察してみましたが、
ここに目に見えない世界、スピリチュアルや精神世界の入り口が見えてくると思うのです。

Starlith
Starlith

神経科学だか、量子力学だか、哲学なんだか、
なんの話をしているんだ〜?管理人(゚ω゚)

Noel
Noel

仕方がない…
管理人は、何事も共通点を作り出そうとする単細胞なんだ…!笑

--スポンサーリンク--

スピリチュアルにおける意識

本質愛

ここでは、「意識」というものをスピリチュアル観点から感じていきたいと思います。

「我思う、故に我在り」
16世紀フランスの哲学者、数学者であるルネ・デカルトはこう唱えました。

「我を、我たらしめるのは我が思うからこそである。
したがって、我は存在するのである。

簡単に言ってしまえば、自分という存在を認識しているからこそ、自分が存在せしめるのではないのかと思います。

そこで、「意識」というものを、身近に存在するもの全てに広げてみましょう。

聞こえる、感じる、感覚がする、何か見える気がする、
何かの香りがする。5感を超えた6感に「意識」は広がり、万物を悟る覚者に、相転移します。

石には石の意思が、植物には植物の意思が、動物には動物の意思があります。僕らが、見たり聞こえたり感じたりするものは、すべて存在せしむる光の創造物です。そこに、優劣などがあるわけないです。

Starlith
Starlith

お〜いwなんだか怪しい匂いがするぞ^^

Noel
Noel

安心しろ…!
管理人はいたって大真面目だ…!

地球と宇宙、それぞれが豊かで美しく調和の取れた状態」を作るには、

自分が認識する全てに
感謝の念をもって、生活をするのが大切なんだと僕は思います。

パソコンがパソコンたらしめてくれるのは、パソコンがそのような、僕らの思いの意識を受信するから、その姿の振動の密度にまで凝縮されると思うのです。
パソコンだけでなく、目の前に広がる万物の物すべてだと思います。

僕は食べるという行為もこのお肉ができるまでに、豚さんや牛さんが、酪農家で育って、
出荷されて、工場で加工されてと、食べるときに想像しながら、食べます。だから、「いただきます」と「ごちそうさまでした」は、唱えますし、念じます。

これらの思いが、行いが、地球をワンネスへと帰着させる愛ある作法だと、僕は思うのです。

cherish
cherish

一日一善。一日一回「愛してます」

コメント

タイトルとURLをコピーしました