スピリチュアルと現実世界について

スピリチュアルと現実世界政治・経済

こんにちは。
今回は、スピリチュアルと現実世界についてお話しします。

といっても
不平不満を連ねるような記事になってしまいますため
「気に入らん」と思う方は、是非お読みになるのを止めて他の記事を見てくださいね…。

Starlith
Starlith

興味ないです〜。

Noel
Noel

管理人も愚痴を吐きたいみたいだな…笑

--スポンサーリンク--

 

スピリチュアルってフワフワしてる?

最近は、たくさんの方が宇宙存在、霊的存在からのチャネリングメッセージを届けてくれ
それによって、人類のスピリチュアル世界(精神世界)が広く認知されており
とても良い兆候だなと僕は思っています。

ただですね…。
宇宙の法則、霊的世界の原理はこの地球で反映されるにはどうしても”時間”がかかってしまうと僕は思うんですよ。

時間については、こちらの記事をご覧ください。
時間とは何かを解説しております。
「時間」とはなにか
こんにちは。 今回は「時間」について、お話ししてみたいと思います。 「時間」を定義していくうえで、 物理学的、生物学的、哲学的、占星術的にとさまざまな解釈と切り口がありますが、今回は占星術と物理学的解釈において、「時間」というもの...
例えば、スピリチュアル業界でよく耳にする”引き寄せの法則”です。

引き寄せの法則って、「そうありたい自分に既になっていることをイメージする」
これによってその現実が反映されるという現象のことですが、
「念じれば、その現実が”すぐに”反映される」ということを実感できている人ってどのくらいいるんですかね…。

少なくとも、僕はそうは感じないです。(かといって引き寄せの法則やスピリチュアルを否定しているわけではないですよ…!)

Noel
Noel

ここに、スピリチュアルと現実世界の”ギャップ”がある訳だな…!

スピリチュアル世界に浸透している方は、
今のこの地球が発展してきた文明や社会を批判しがちだと思いますし、

物質的な幸福のみを追求する人(現実世界を生きている人)は、
宇宙意識や愛についての精神世界を疎かにしがちだと僕は思ってしまいます。

愛については、こちらの記事を見てみてくださいね…。
歴史の偉人から学ぶ” 無条件の愛”というものです。
愛について
こんにちは。 今回は「愛」についてお話ししてみたいと思います。 博愛、慈愛、敬愛、無償の愛‥‥。 「愛」というこのたった一文字の中には、とても壮大な「想い」が込められていると僕は思うんですよね。 この記事では、そんな壮大な「...
彼を知り己を知れば百戦殆からず
という中国の兵法書「孫子(そんし)」の一説にはこうありますが、
自分を知り、相手を知ればどんな戦いもほとんど破れる心配はないと言われています。

ただし、ここで言う”戦い”とは、愛と平和、調和と光に満ちた”美しい地球”を勝ち取るための”戦い”です。

相手を屈服させようとか、正義感を貫こうとか
そういった”勝ち負け”を作る”戦い”ではないです。

このことを是非、念頭にいれていただきたいと思います。

Ray
Ray

正義感の押しつけは、”争いの種”である

物質社会を否定してはいけない

認識のずれ

スピリチュアル世界を探究すると、夢見る心が踊らされとても気分がよくなります。
僕たちが、夜空の星空を見上げるとなんだか寂しい気持ちになったり、風や木々、小鳥や花々
彼らは僕らに微笑みかけてくれます。

僕たちに生きる希望と愛を、一生懸命注いでくれているのです。

しかし、僕らがこの地球に生まれた意味とは一体なんなのでしょうか?
しかも、金融と物質が支配するこの時代にです。

この時代を生きる誰一人として、
地球をよくしていくんだ、という使命をもってない人なんかいません。

Starlith
Starlith

この地球に生きる人みんなが”スターシード”で
”ライトワーカー”なんだね^^

Noel
Noel

↑ホント、その通りだな…!

念じれば願望がかなう非物質の世界、宇宙の法則で生きようとしても
地球では、上手くいきません。(僕はこの生き方で上手くいきませんでした。)

物理次元では、”行動”こそ全てになってしまうのです。

例えば、今この記事をご覧になられている方が、お金を使った社会生活を営んでいると仮定しましょう。(ほとんどの方はそうだと思います。僕もそうです。)

この場合、お金で得られる物、サービス全てにおいて
愚痴や文句、不平不満を言ってはいけない」のです。

与えられる全てに感謝をして、僕(私)にこんなにも与えてくれてありがとうって思わないとダメなのです。

Noel
Noel

管理人がなんか言っているみたいだが、
安心してくれ…!感謝ができない現実を通して感謝を学ぶゲームなんだ…!この世界は…!

雨風しのげる家に住めるのは、建築家や大工さんがいて
電気、ガス、水道、通信などのインフラ設備を整えてくれる国や民間企業があるから
僕らはこんなにも安心した生活を送れているわけです。
(こういった物質社会の繁栄は、自然科学の知識に裏付けされているわけです。だからこうしてこのサイトでも物理学の話をしています。)

スピリチュアル界隈でも耳にする言葉として
「地に足をつけて生きる」とか「自分軸で生きる」という言葉をよく聞きますよね?

これらの言葉の意味は文字通り、この物質社会を個人個人が「 自分の道を自己責任で歩んでいく
こういうことだと僕は思います。

アセンション、地球外知的生命体(ET)とのコンタクト
地球の銀河文明の仲間入りなどは、
このあとになると僕は思います。

--スポンサーリンク--

精神世界を否定してはいけない

空想世界

 

ジュール・ヴェルヌ「人が空想できる全ての出来事は、起こりうる現実である。」

漫画「ONEPIECE」にも登場するこの言葉
ご存知の方も多いのではないのでしょうか?

 

ワンピース出典:ラフテルとワンピース最終話考察と「D」と陰謀論より拝借

「ONEPIECE」では、物理学者ウィリー・ガロンの名言として引用されていますが、実際は、フランスのSF作家であるジュール・ヴェルヌの言葉とされています。

イギリスの物理学者、アイザック・ニュートンはリンゴが木から落ちるのをみて、万有引力の法則を発見し、それを数式化していますし

ライト兄弟は、空を飛びたいと思ったから空を飛べる
「飛行機」を作り出しました。

いつの時代でも人類のこうした「こうなりたい」という
願望・空想がこの地球文明を発展させてきました。

ここで、よく考えてもらいたいのですが地球文明を発展させたと言われる人たちは、どこか浮き足立った変態とされていることが多いと思います。苦笑

Starlith
Starlith

バカと天才は紙一重だしね〜

Noel
Noel

おい!口を慎め…笑

今目の前にある物質社会
お金や物、社会的ステータス、ヒエラエルキーの階層など
こういった目に見えてわかりやすい幸福だけを追求するのは、あまりにも寂しいとは思いませんか…。

3次元的な肉体から開放されて
宇宙遊泳したいとか、時間を超えてタイムトラベルをしたいとか
地球の地下帝国にいってみたいとか

そういう不思議さ、子供心、ファンタジーを追いかけてみてもいいんじゃないのかと僕は思います。
それを具現化させるために、古代文明の知識を勉強したり、物理学を勉強したり、瞑想、神智学、神聖幾何学などを学んでいるのです。

--スポンサーリンク--

まとめ

この記事を通して、僕もなんだかかんだ不平不満を言っているなあと思い
世界の進歩には、痛みを伴うこともあるんだなあと実感しています。

全体のまとめとしては、
自分がわからない…と思った情報を発信している人には、
関わらない、もしくは情報を”精査”した上で、”伝え方”には十分配慮をしましょう。

cherish
cherish

皆さんを深く深く愛しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました