二元性と二進数、仮想現実について

仮想現実スピリチュアル

こんにちは。
今回の記事では、「二元性」と「二進数」
これらの概念を絡めて僕らの生きるこの世界は仮想現実ではないのか?

というテーマを元にお話ししてみたいと思います。

Starlith
Starlith

二元性?二進数?なんのこっちゃ(゚ω゚)

--スポンサーリンク--

二元性とは?

二元論

「二元性」という言葉の概念を簡単にいってしまうと
相対する概念の全て
と言えると思います。

善と悪、光と闇、自分と他人、男と女
など例をあげたらきりがないですが、僕たち人間の意識は

どうやらこうゆう概念全てを、二つに区分したがるといえると思います。

たとえば、美人とブサイクという概念です。
この世の中に美人しかいなかったら、「ブサイク」という人は存在しませんし、同様に「美人」という人も存在しえません。

Noel
Noel

男性にとっては、嬉しいことだけどね…笑

「なにを言ってるんだ。世間を見渡しても
極上の美人は存在するし、ちょっといい美人もいる、
同じようにして、多少鼻が低いだけのブサイクな人もいるじゃないか」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

はい。僕もそう思います。
極端な美人という人は、その人の中にしか存在しえませんし、
同様に極端にブサイクな人という人も、その人の中にしか存在しません。

何がいいたいのかと言うと、物事を二元的に考えるのが、一番簡単。
であるが故に、人類の集合意識の大多数が暗黙の了解として、この世界の現象に写してしまった概念。

それこそが、「二元性という概念である」と僕は思うのです。

Ray
Ray

集合意識と潜在意識、そして暗黙の了解…。
骨身に染みよ!

Noel
Noel

↑ヤバイ奴おる笑

--スポンサーリンク--

二進数について

PhotoAC様より拝借

この項では、「二進数」についてお話しさせていただきます。

二進数とは、2を底とした
0と1からなる数の記数法と定義されています。

それに対して、自然界を記述する数は十進数と呼ばれる
10を底とした、0〜9でなる数の記数法とされています。

例えば、十進数における1という数字は、二進数では、
1という数字で表せます。

もう一つ例を挙げると、十進数における5という数字は、二進数では、101という数字で表せます。

僕らが生きるこの社会のほとんどは、10を底とした十進数を採用されています。
1人、2人、3人、、、、9人、10人と、人を数える場合は、9人まで数えて、10人と桁が上がります。

0人、1人、10人、11人と
こういう数え方する人いませんよね笑

いたら、IT業界のそれも組み込み関係のお仕事をされている方でしょうか。

Noel
Noel

かなりの偏見で、すまんな!

それにしても、この数え方はちょっと変態すぎますよね笑

それはいいとして、このように数え方の底を2にしたり、10にしたり、16にしたりして、
コンピュータの世界と現実の世界は結びついていると思います。

↓に、二進数と十進数及び十六進数の対応の表を載せておきますね。

二進数と十進数

--スポンサーリンク--

二元性と二進数の対応について

↑の項では、二元性と二進数についてお話しさせてもらいました。
そこで、この項では、二元性と二進数を無理やり対応させて、その相互間関係を調べたいと思います。

例えば、二元性における「好き」と「嫌い」についてです。

しかし、好きと嫌いといっても幅がありますよね?
とっても大好きとか、とても大好きとか、
まあまあ好きとか、好きに関して言ってもかなり幅があります。

そこで、ここでは十進数と好き嫌いの対応を表にしてみました。
↓をご覧ください。

好き嫌いと十進数の対応

このように、好き嫌いといっても、人によって程度の差はあれど、
簡単に二元的に分けられる訳ではないぞと思う方もおられるかもしれません。

しかし、コンピュータの世界では、0と1からなる二進数で
全てのデータを表しているとされています。

先ほどの二進数と十進数の対応の表を見ていただければ
十進数というものは、二進数で表すことができます。
同じように、二進数というものを、十進数で表すこともできます。

下記に、十進数で振り分けた好き嫌いを
二進数で変換した表を載せます。

好き嫌いと二進数の対応
どうでしょうか。
好きを0、嫌いを1として、この二元的考えを
二進数から十進数へと変換する。

まさに、コンピュータ世界から現実世界へとさも変換されているかのようです。

このように考えると、
僕らが普段、「あいつはまあまあ好き」とか「この人は、大嫌い」という
程度の差こそある好き嫌いという考えも、好きを0、嫌いを1として記述する
コンピュータ脳として、現実を捉えているといえなくもなさそうです。

それ故、この世界は二元性原理で成り立っているとも言えると思います。

Noel
Noel

0か1かではなく、それらの重ね合わせ。
量子的性質をもった世界へと移行したいところ

コメント

タイトルとURLをコピーしました